2019年 運気が上がるその気 向上方法♪


「気」が向かない、 「その気」にならない、 「塞いじゃう」 とか
 原因不明のナーバスの    <治し方>は
    「気」 にあるかもしれませんよ♪




下記のような症状を 漢方で言うと「気虚」 

 気が虚ろ(うつろ)になっているというのだそうです。




そんな貴方にご提案です 「」 を利用しましょう♪ 

普段何気なく吸ってる空気は、あなたに「気」を充電しています
だから 良い「気」の集まってる方向に行くと 「元気」になりますよ!





例えば香港ですが ・・・


その年の吉方位が西 の方角の方が訪れると・・・
 <香港の風水パワー> があなたの運気を増幅!! 




 ますます 「運気アップ」 ができちゃいます♪










恵方とは・・・ 「あきの方」 と言って

歳徳神(としとくじん)という神様のいる方向を指します。
            


「歳徳神」 はその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様の事で、
地方により 年徳、年神様、正月様 などとも、呼ばれています。


歳徳神のいる場所は毎年変わり、その都度恵方も変わり、その方角に向かって、
いろいろな事を行うと良いと言われております。
引っ越し、旅行をはじめ日々の運気を上げる方向として、恵方巻だけではなく
お水取り、などの開運法厄除けに用いられてきています。

本来は「お水取り」や、お正月に「初詣」に行くと良いとされる方向です。


近所にある「氏神様」に行かれる方が多いと思いますが 「恵方」方向の神社仏閣
へのお参りは「その年の自分の決意・思い」を神様に報告に行くには最適です。

<行かれるときは「自分の家」を中心として 恵方の方の神社仏閣>へ♪

「神頼み」(かみだのみ)するんじゃなく・・・ 思いを伝えに行ってくださいね♪





でも 最近では「恵方巻」を食べる方向で有名ですね♪

    


京都には、神泉苑と言って、いつ訪れても必ず、
 「その年の恵方に向かってお参りできるお社」があります。


その秘密は毎年除夜の鐘が鳴り終わると「お社の方向を変えるから」だそうです。
ご住職自ら 陰陽道に則った方向に変えるそうです。
新年の初詣に良さそうです♪






毎年暦が変わる時「2月4日」 には(節分=節目が変わるから 節分と言います)
運勢が変わります。お正月の新年ではありませんので「ご注意」ください。

毎年の運気は・・・「九星」 で見ています。 ご存じない方は


 「あなたの星座早見表」  でご確認下さい。


 2018年節分明けの旅行は此方   


そんな気の利用方法として、恵方をうまく利用して「元気になろう♪」
と言う ご提案です!



 このサイトが 何かのヒントになれたら 幸せです。

      じゅんこ