北斎 その画狂人ぶり!!

北斎 HOKUSAI

私 大の浮世絵好き で 北斎をじっくり調べてみました~!!


北斎の絵に対する情念 その偏屈さに惹かれ彼の狂人ぶりの由来・・・

調べまくってみました♪

彼が60歳で「為一」を名乗った理由・・・ 

このサイトに来る方ならご存知ですよね?!


「還暦」は人生の 「一回り 」



「壱に戻る」 「赤ちゃん戻り」 → 「赤いちゃんちゃんこ」 は産着なんです♪


北斎が60歳から名乗った 「画号」 は 「為一」(ためいち)・・・

彼の本名は「為一」(ためかず) なんです!


だから読み方を変えて「為一」「ためいち」 北斎にしたんですよ♪




 為一 「餅つき」 肉筆画 


「初心に帰り」精進した北斎の晩年は「版画」では無く、肉筆画 にその力量を注いでいます。

浮世絵は「版画」 本来の筆の線が出ないため

北斎は晩年「肉筆画」に専念しています。

この絵も その一つ 素晴らしい出来です!!



そして・・・ 彼の晩年の「想い」 

北斗七星に懸けた「願い」 を 私なりに解釈してみました。







何を求めて・・・ 画狂人となっていったのか

寝食を忘れ 忘我の果てに何を求めたのか

本牧辺りの富士 は 実際何処から描かれたのか?

など など・・・


Amazonキンドル で発売中
北斎 HOKUSAI

私なりの 新しい解釈を書かせていただきました。


加えて、絵のお好きな方なら・・・

「北斎漫画」の力量に筆舌された 「絵への愛情」 を受け取ってください!


彼はこんな筆の運びまで・・・ 懇切丁寧に 絵を志す日本中の弟子たちにその技量を絵解きにせんと 漫画を描き続けたのです!!


今EXCELでも書ける ○や△を使った技法があります。


その先駆者が北斎 彼は世界中の絵描きが今でも使える技法をこの時代から始めています。

彼は今でも!! 

日本だけでは無く「世界中の絵を志すかた」への手ほどきをしています♪
(世界中に手ほどきの愛好者が居るのです)


 
 ○や△で絵が書ける「手ほどき」 

その数・・・ 15巻 

先日ミュージアム展示に行きましたが 全部見て回るのに2時間かかりました。


一部ご紹介



そして 博学でもありました。

彼は整体医学や、薬学、医療分野にも精通していました。
自分で「片麻痺」の対処法を生み出し、愛飲して治してしまいました!


エレキテルなどの化学も大好き! 
分度器やコンパスも手作りして使っていました。


そしてメガネ 新しもの好きでもありました。

 


この細密さ! 物を見通す「視力」もずば抜けています♪

映画のシーンにもあった 「北斎の動」 風の息吹 感じますよね♪


コロナが明けて 北米が吉方に変わったら ワシントンに行ってみたく思っています。

彼の肉筆画が最高の状態で「展示」されています。

「門外不出」 だそうなので・・・

老体に鞭打って 行ってみたく思います。


版画ではない 筆の跡 見てみたく思います。





龍になって 天に居るだろう彼に  何時の日か 逢ってみたく思うので・・・

彼の龍を観たく思います。








スマートフォン版