ミステリアスな「穴八幡宮」

穴八幡宮 は何故そこにあるの? ・・・

由来を調べれば調べるほど

もの凄いミステリアスな部分が出現!!







江戸城と富士山を結ぶ「龍脈」の線上なの? 

・・・ と おもって調べ始めてみたら

もっと古代の「富塚古墳」の上につくられていることが判明!






別名「新宿古墳」  前方後円墳の「巨大古墳」 だったそうです。



看板は 「新宿横穴古墳群」 について書かれたもの


 歴史を調べますと、・・・

鎌倉時代から :  もとは「八幡」と言う名前で千年前 建立なされたそうです。


古くは 源義家 が奥州の安倍貞任を厨川の柵で退治して都に戻る途中、に建立されたとの由来が・・・  → → そして

寛永13年(1636)、徳川幕府の御持弓頭であった松平直次がこの地に的場を築き、射芸の守護神として京都の岩清水八幡を勧請したのが始まりだそうです。



この八幡神社を管理する別当寺である放生寺を建てるために、境内南側の崖を削った所、巨大な横穴が見つかり その中から 金銅の阿弥陀如来が出現 した為、将軍だった徳川家光がこれを喜び、「幕府の祈願所」としたのが「穴八幡」の由来 ネーミング だそうです。



 ◆東京メトロ東西線 早稲田駅 2番出口を出て、左に約200m


お隣の 放生寺 




神仏分離で別院となりましたがこちらには
 裏まいり」 として

 虫封じ(魔物退治)のご利益
がある とされています。

このことにインスピレーションを得たのか 「江戸川乱歩賞」を始めとして、 直木賞受賞の作家 「高橋克彦」さんが 悪霊退治の「ドール」をここを舞台に 素敵な小説を書いています。

※  4次元の世界と 「繋がっている」 お話です。
 → 面白くて 新宿古墳群に興味を持ちました。


此処が 「あの世の世界とのワープポイント」 との設定で書かれており、古墳群がピラミッドのように『高さ』 を持つのは ルーツを開いているからだ・・・ というのです!


実は この古墳 江戸時代に
  : 「尾張藩の江戸下屋敷」  の巨大な庭が作らていたそうです。


穴八幡の裏手の「戸山公園」にまだ「横穴」が祀られているそうです。







まだ 完璧な由来はですが・・・ ものすごく霊験あらたかな感じがしませんか?

2021年12月 「謎に挑戦」して みました!!
 古墳の「主」は判明していませんが・・・  ミステリアスな事実が色々 判明!!

 そして・・・ この横穴の位置 判明しました!
 平将門の怨霊を「封じべく」 ひっそり位置するPowerスポット・・・

場所は「穴八幡」のすぐ側に! 北斗信仰を抑えて祀られていました。

この横穴 金銅の阿弥陀如来が出現ということで代々の将軍様、歴代の首相
早稲田の創立者 大隈重信も愛馬で参詣していたそうです。


 一陽来復 時に 伺ってください。


 水稲荷神社 (冨塚古墳) 


霊的なものがお好きな方にも 「お薦めです」よ♪


 



一陽来復はがれない貼りかた!あなたの恵方・凶方