「気」守りを戴いてパワーアップ!

<氣 守り 三峯神社に電車でアクセス!

三峯神社も「富士山」からの龍脈上 関東一のパワースポットです。

2019年 節分祭(ごもっとも神事)を拝見がてら氣守りを戴きに行ってきました。

 


関東地方でも珍しい「暖かい日より」ではありましたが、なにせ「秩父」は雪の多いところ。

スタッドレスタイヤを履いていない自分の車では怖いので「電車とバス」でアクセスしてみました。

池袋から「西武線」で一直線が一番わかりやすいのですが、自分は川越からアクセス開始

◆ 川越から「JR川越線」で→ 「東飯能」(西武線へ乗り換え) → 「三峯口」→「バス」
をチョイス♪ 

※ 東飯能から「三峯口行」に乗ると西武秩父(お花畑)での乗り換えはありません。
 (乗車したままの待ち時間があるのでお嫌な方は乗り継いでくださいね)




<池袋から「西武線」で一直線は此方>

乗り換えなしで行けますし、池袋駅で「秩父フリーきっぷ」を買うと2320円

※ 現地ショップでの割引料金もあります。(途中にある大滝温泉700円→630円)



他の駅からの価格 は此方♪

※ 私は地元が川越からのアクセスが近い為こちらを選びましたが、時間的には大きな駅に出たほうが早いかも です。


◆ バス(急行バス)
西武秩父→  三峯神社 :料金 950円 →(経由していきます)→
三峯口 →  三峯神社 :料金 670円  (同じ路線でした)

<反省>
三峯口からなら30分ほどバスで短縮できると思い上記ルートをとりましたが、西武秩父で降車し
「始発」のバスに乗れば時間も料金も同じでしたね〜  比べてわかりました。(笑)






道中、車窓から見ると「日陰部分」には雪が・・・ 電車で良かった〜




手洗いのお水は「凍結防止のために」こんな配慮が! 榊を左右に振るってお清め。



豆まきの様子ですが、三峯神社では「福は内」と言った後に「ごもっとも様〜」
と 「擂り粉木(すりこぎ)の様な大きな棒を空に差し出しながら唱えます。

年男の方が持つ大きな擂り粉木には橙(大きなミカン)が2個ぶら下がり・・・
「授かりもの」にご利益があるようです。