佐渡島 スピリチュアルな 島・・・ 


今年の恵方は「北」 「亥子」の方位です。
関東から見てみると 勧めなのが佐渡ヶ島への旅です。
2016年 新潟は風水害はじめ火災など踏んだり蹴ったりの地ですが・・・

東京からお越しになるには「龍脈」発祥の地でもありますから
運気アップ旅行の「スタート地点」として始めるのも最適な地です。


私も今年は節分以降に伺う予定です。


新潟県沖、日本海に浮かぶ島 …佐渡島

古くから遠流の地であり、京から流された都人が都の文化を伝えたことにより、
独自の文化が受け継がれました。 江戸期には金山でも栄えた島です。

そんな佐渡島の中でも、特にパワーが強いスポットが、佐渡島の西岸にある
「大野亀」というスポット。



高さが167メートルにも及ぶ巨大な一枚岩の島です。



そして此処は、古くから「神が降り立つ場所」とされ、強力なパワーで訪れた者を
浄化してくれる場所 と言われています。

「パワースポット」  大野亀・ ふたつ亀・ 賽の河原

大野亀周辺の散策コースはとても風光明媚で、大自然に囲まれているため、
浄化のパワーもあるとされています。
大野亀から二亀を望む海岸線の途中には、現世と来世をつなぐ「賽の河原」が
あります。

あの世のへの渡り道としてご家族の死を悼む方が、訪れ 河原に石を積んで
帰られる場所だそうです。
(もし 訪れる方がいましたら草木一本 持ち帰らないように伝えられています。)

もう一つ、スピリチュアルな 聞いていただきたいSoundがあります。



「鬼太鼓」・・・これは鬼太鼓(おんでこ)という太鼓の音によって、 
邪気を払い

さらに五穀豊穣などをもたらしてくれるご利益があるそうです。


鬼太鼓(おんでこ)  :由来
鬼太鼓…流刑の地だった佐渡島に、能の大家である世阿弥が訪れ、
能を伝えたのが室町時代 とのこと。

長い歴史の流れの中で、地元信仰と交わり、独自の神事となり、その音色は
まるで魂にしみ込むかのように邪気を払い、商売繁盛や五穀豊穣をもたらすもの
、と して信仰されてきたそうです。

島では、神社の祭礼で奉納されたり、家々を門付けして回ったりするなど、
1年を通じて島内の各地で演じられているそうです。

もし貴方が此処に来てその音色を感じることができたなら、
力強いパワーをいただくことができるかと思います。

鬼太鼓…邪気払い(厄除)/商売繁盛/五穀豊穣